医療経営情報
医療経営情報
文書作成日:2017/01/31


 給与に関する詳細な統計データは、それほど多くはありません。ここでは平成28年11月に人事院から発表された調査結果(※)から、医療機関の役職者の給与データをご紹介します。




 上記調査結果から、病院長、副院長、医科長、薬局長、総看護師長、看護師長の平成28年4月分給与の平均支給額をまとめると下表のとおりです。
 きまって支給する給与の平均(表中の計の部分)をみると、病院長が170万円を超え最も高くなりました。副院長は150万円を超え、医科長は100万円を超えました。薬局長と総看護師長は50万円を超えています。
 
      



 27年度の結果と比べてみると、病院長と副院長は2%程度の増加、医科長は4%の増加、その他、看護師長は1%の増加となりました。薬局長と総看護師長は0.1%の減少となっています。前年度よりも増加した役職が多くなっています。

 役職者給与に関する公的データは多くはないため、ひとつの目安として活用されてはいかがでしょうか。


(※)人事院「平成28年職種別民間給与実態調査の結果
 層化無作為抽出した企業規模50人以上かつ事業所規模50人以上の事業所を対象に、平成28年4月分の給与等について行われた調査です。役職の定義は次のとおりです。病院長は部下に医師又は歯科医師5人以上。副院長は病院長に事故等のあるときの職務代行者。医科長は部下に医師又は歯科医師1人以上。薬局長は部下に薬剤師2人以上、総看護師長は部下に看護師長5人以上、看護師長は部下に看護師又は准看護師5人以上です。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。


お問合せ
特定社会保険労務士
    杉山晃浩事務所
〒880-0211
宮崎県宮崎市佐土原町
下田島20034番地
TEL:0985-36-1418
FAX:0985-36-1419