医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2017/02/23
仕事と介護の両立支援実践マニュアル/厚労省

 政府が進める「一億総活躍社会」の実現の中でも、介護を理由に離職を余儀なくされる現状がクローズアップされ、介護と仕事の両立が大きな課題となっています。

 これに関連し、厚生労働省よりこのたび、仕事と介護の両立支援のための事業者向けのマニュアルが公開されています。


厚労省「企業における仕事と介護の両立支援実践マニュアル」


 同マニュアルでは、事業者が取り組むべきポイントを次の5つに整理し、実践すべきこと、そのためのツールを紹介しています。

@従業員の仕事と介護の両立に関する実態把握
A制度設計・見直し
B介護に直面する前の従業員への支援
C介護に直面した従業員への支援
D働き方改革


 高齢化社会が進行する中、介護する家族へのケア、生活支援もますます深刻な課題であり、要介護者と接する現場である福祉・医療業界にとっても、時として関わらざるを得ない問題となっています。また、医療関係者、介護職員等がその家族の介護に直面した時に備え、医院や施設においても対策を要します。

 厚労省サイトでは、上記マニュアルの他、介護支援プランの策定マニュアル、両立支援の労働者向けマニュアルも公開しています。詳しくは下記のサイトをご覧ください。

参考:
厚労省「仕事と介護の両立支援」


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



介護人材の処遇改善、平成29年度介護報酬改定での考え方2017/02/16
国が描く介護分野の未来予想図2017/02/09
国が描く医療分野の未来予想図2017/02/02
改正社会福祉法が求める「再投下可能な財産の活用」とは2017/01/26
改正社会福祉法における「評議員と特殊の関係を有する者」とは2017/01/19
改正社会福祉法、公布された政令の要点2017/01/12
オプジーボ、緊急改定で2月より50%引下げ2017/01/05
「人口100人で見た日本」と「日本の1日」2016/12/29
平成26年度 国民医療費は人口1人当たり32万1,100円2016/12/22
総務省、未届け老人ホームの調査結果に基づき勧告2016/12/15
希望の地で老後を過ごすための条件の第一位は?2016/12/08
平成27年10月1日現在のデイサービスと訪問介護事業所数2016/12/01
厚労省税制改正要望 医療・福祉関連の継続検討要望項目2016/11/24
厚労省税制改正要望 医療・福祉関連の延長要望項目2016/11/17
厚労省税制改正要望 かかりつけ医・在宅医療推進のための税制措置の創設2016/11/10
お問合せ
特定社会保険労務士
    杉山晃浩事務所
〒880-0211
宮崎県宮崎市佐土原町
下田島20034番地
TEL:0985-36-1418
FAX:0985-36-1419