医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2017/04/27
介護サービスの給与費割合が増加/厚労省調査

 厚生労働省より、「介護事業経営概況調査」の結果が公開されています。

 この調査は、介護保険制度の改正と介護報酬改定に必要な基礎資料を得ることを目的に、介護保険施設、居宅サービス事業所、地域密着型サービス事業所の全ての介護保険サービスを対象に3年に一度行われているものです。


 今回は平成28年5月に調査が実施された、26年度(改定前)と27年度(改定後)の決算についてご紹介いたします。

 結果の概要は以下の通りです。


@介護サービスの収支差率(※)について

 平成27年度の収支差率は、居宅介護支援を除く全ての業種でプラスになりました。

 しかし、改定前後を比較すると、全ての施設サービスと、居宅サービスのほとんど、5つの地域密着型サービスにおいて、収支差率が低下しています。改定後に上昇したのは、福祉用具貸与、居宅介護支援、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、小規模多機能型居宅介護、看護小規模多機能型介護の5つのみです。

(※)収支差率=(介護サービスの収益額−介護サービスの費用額)/介護サービスの収益額


A介護サービスの給与費割合について

 給与費割合とは、介護サービスの収益額に対する給与費額の割合です。

 多くの介護サービスにおいて、この給与費割合が改定後に上昇しています。低下した介護サービスは、福祉用具貸与、居宅介護支援、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、看護小規模多機能型介護の4サービスです。


 詳しいデータは、以下のサイトでご確認ください。

厚労省「介護事業経営概況調査」


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



租税特別措置法第40条と定款2017/04/20
社会福祉充実計画の承認等に関するQ&A2017/04/13
社会福祉法改正 法人登記事務の取扱いについて通知発布2017/04/06
がん対策に関する世論調査結果/内閣府2017/03/30
柔道整復の療養費は微減、はり・きゅう、マッサージは5%前後増加2017/03/23
厚労省、平成30年末までにパウダーフリー手袋への切替を呼び掛け2017/03/16
平成27年の救急出動件数と搬送人員数、ともに過去最多2017/03/09
データヘルス時代の質の高い医療実現へ、有識者検討会が報告2017/03/02
仕事と介護の両立支援実践マニュアル/厚労省2017/02/23
介護人材の処遇改善、平成29年度介護報酬改定での考え方2017/02/16
国が描く介護分野の未来予想図2017/02/09
国が描く医療分野の未来予想図2017/02/02
改正社会福祉法が求める「再投下可能な財産の活用」とは2017/01/26
改正社会福祉法における「評議員と特殊の関係を有する者」とは2017/01/19
改正社会福祉法、公布された政令の要点2017/01/12
お問合せ
特定社会保険労務士
    杉山晃浩事務所
〒880-0211
宮崎県宮崎市佐土原町
下田島20034番地
TEL:0985-36-1418
FAX:0985-36-1419