医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2018/04/05
社会福祉法人制度改革の実施状況

 平成28年の社会福祉法の改正により、社会福祉法人制度改革が進められています。この実施状況について、12月18日に行われた厚生労働省 社会保障審議会福祉部会で報告が行われました。

 まず、平成29年6月より本格稼働している社会福祉法人の財務諸表等電子開示システムによる現況報告書等の集約結果によると、

  1. 「サービス活動収益」の規模別の法人の割合は、1億〜2億円規模が26.6%で最も多く、次いで1億円以下(17.5%)
  2. サービス活動収益の平均は、約5億円
となりました。

 次に、再投下対象財産(社会福祉充実財産)が生じた社会福祉法人は、全体の12%に当たる2,025法人で、うち56%に当たる1,130法人が、収益規模1億円〜5億円の法人となりました。
 これら社会福祉充実財産が生じた法人の社会福祉充実計画の内容に注目すると、

  1. 「既存施設の建替、施設整備」…39%
  2. 「新規事業の実施」…14%
  3. 「職員給与、一時金の増額」…13%
の順となりました。


その他、詳細な報告内容は以下のサイトでご覧いただけます。


厚生労働省「第20回社会保障審議会福祉部会 資料」

資料2「社会福祉法人制度改革の実施状況について(PDF:2,163KB)」


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
特定社会保険労務士
    杉山晃浩事務所
〒880-0211
宮崎県宮崎市佐土原町
下田島20034番地
TEL:0985-36-1418
FAX:0985-36-1419